その腰の痛み、腕が原因かも・・・

おはようございます。

健友館ふるかわ整体療術院の古川です。

本日は久しぶりの秋晴れ!!ですね。

なんか気分がウキウキします。

 

最近、当院へお越しいただく方の中で身体を左右に捻った、前後に曲げた際に背中から腰に掛けての痛みが強くでる患者さんが増えています。

骨盤の歪みや肩こり、仙骨の浮きなど様々な原因がありますがその中でも疲労等による腕の硬さが原因の方が多く見受けられます。

上図にある赤い部分(その周辺だったりそれ以外だったりする場合もありますが・・・)が痛む場合、その原因は上腕部にある上腕三頭筋、前腕部にある橈骨筋、掌の拇指球筋が原因だったりします。

簡単に確認してみましょう。痛い腰側の上腕三頭筋(力こぶが出る筋肉の裏側)の中央を少し強めに抑えて痛みのでる動作をしてみましょう。

掴んだ箇所が硬かったり痛みが和らいだり、痛みの出方に変化があったらその箇所が原因の可能性大です。しっかりつかんだまま痛みのでていた動作を20秒ほどやってみましょう。

(無理せずマイペースで行ってくださいね)

ご自分でやってみて難しいなと思ったら、ぜひ、当院へお越しください。

お待ちしております。

 

 

投稿者

シェア: