その腕の痛み、原因は首の骨かも?

おはようございます。

ふるかわ整体療術院の古川です。

 

本日は、なかなか取れない腕や手の痺れ・痛みについてです。

日々生活のなかで腕や手に痺れや痛みを訴える方は実はかなり多いんです。

当院にも腰痛、肩こり以外にもこの症状で通院される方が結構いらっしゃいます。

 

先日、当院へ通院して来られた方も右の上腕部に痛みがあり、病院での検査の結果も異常なし、9月までに痛みが取れなければ手術を行う予定とのことでした。

この患者さんは頸椎の5番目にズレがあり、その結果上腕部につながる神経を圧迫し、上腕部に痛みを引き起こしていたようです。

頸椎のズレを戻すことで神経の圧迫がなくなり上腕部の痛みも改善されました。おそらく手術も回避できるものと思います。

頸椎の間からは身体の様々な部分(肩や腕など)へ向けて神経が出ていて思いもよらぬ部分へ痛みや痺れを引き起こします。

夏休みに長時間横になってテレビを見ていたような場合、このように頸椎のズレを起こしてしてしまう場合が多いと思います。

腕(肩から手首まで)や指先などレントゲンをとっても異常が見られないという場合には一度首の骨(頸椎)のズレを疑ってみてください。

             

 

確認方法

 首を前後左右になるべく大きく動かした場合に腕の痛みや痺れに変化があるかを確認します。(無理せず行ってください)

  変化がある場合:頸椎のズレの可能性大です。是非一度お越しください。

  変化がない場合:精密検査を受けられることをお勧めします。

 

 

投稿者

シェア: